映像制作のハードルが低く

映像制作のハードルが下がっているのは確かです。
個人で映像の制作をすることができるようになってきているのです。



ですから、基本的はとてもハードルが下がっているのですが、それでも業者はまだいます。
企業の映像制作の需要があるのは確かであり、その仕事は未だに大量にあります。



しかし、やはり個人製作ができるようになっていますから、インターネット関係では特に個人の映像作品がよく流されています。



映像制作というのは、編集の手間がかかりますし、そして機械も必要なのです。
しかし、今は個人のコンピュータでそれができるようになっているのです。



また、インターネットでの公開も非常に楽になっていますから、とにかく個人製作が増えているのです。

つまりは、映像制作の仕事のパイが少なくなっていることは確かなのですから、どうしても業界としては斜陽ではあります。
しかし、それでもネット関係では未だに需要は少なからずありますし、まだまだ伸びる可能性があるのです。
ネットでの広告宣伝がとにかく重要視されていますから、そちらの方向での生き残りを賭けているところも多いです。


映像を制作すること自体のハードルが技術的に下がっており、個人にも広がっている以上、個人の需要はほぼ期待できないのです。

ですから、どうしても企業の広告、しかも最近ではネット関係に強いところがこれからは伸びると予想されているわけです。



映像のアイディア、クオリティもそうなのですが、ネット関係の技術が重要視されるのです。



関連リンク

映像制作のハードルが低く

映像制作のハードルが下がっているのは確かです。個人で映像の制作をすることができるようになってきているのです。...

more

映像制作が今は個人の

映像制作が今は個人のビジネスとなっています。副業レベルの人もいますし、それこそ、月に数十万円稼いでいる人もいるくらいですから、出来ることならば、挑戦してみるとよいです。...

more